医療費控除と節税

医療費控除とは、本人または生計を一にする配偶者、その他親族のために支払った医療費に対し、一定の金額の「所得控除」を受けることができる、所得控除のひとつです。

対象となる医療費の期間
その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費

補てん金額の計算式は次の通り
計算式
年収200万円以上の場合
(掛った医療費-10万円)=医療費控除
年収200万円未満の場合
(掛った医療費-年収×5%)=医療費控除

たとえば年収400万円の人が、医療費に年間20万円かかっている場合、10万円が医療費控除となり、所得控除額に加算されます。
実際のところ、入院を数日間するとかいったケースを除き、医療費が10万円を超えることはあまりありませんが、なにが起きるかわからないので、治療にかかった領収書は捨てないで取っておくことをオススメします。
またこの医療費は合算できるので、通院や入院リスクの高いおじいちゃんおばあちゃんなどが同居する家庭では、なおさら領収書は取っておきましょう。

医療費控除の対象となる医療費
国税庁によると、医療費控除の対象となる医療費とは、
1 医師又は歯科医師による診療又は治療の対価
2 治療又は療養に必要な医薬品の購入の対価
3 病院、診療所、介護老人保健施設などへ収容されるための人的役務の提供の対価
4 あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師による施術の対価
5 保健師、看護師、准看護師又は特に依頼した人による療養上の世話の対価
6 助産師による分べんの介助の対価
7 介護福祉士等による一定の喀痰吸引及び経管栄養の対価
8 介護保険制度の下で提供された一定の施設・居宅サービスの自己負担額
9 以下のような費用で、医師等による診療、治療、施術又は分べんの介助を受けるために直接必要なもの

  • (1)医師等による診療等を受けるための通院費、医師等の送迎費、入院の際の部屋代や食事代の費用、コルセットなどの医療用器具等の購入代やその賃借料で通常必要なもの(ただし、自家用車で通院する場合のガソリン代や駐車場の料金等は含まれません。)
  • (2)医師等による診療や治療を受けるために直接必要な、義手、義足、松葉杖、義歯などの購入費用
  • (3)傷病によりおおむね6か月以上寝たきりで医師の治療を受けている場合に、おむつを使う必要があると認められるときのおむつ代。(この場合には、医師が発行した「おむつ使用証明書」が必要です)

上記一部抜粋してます。

注意すべき点がひとつあります。
医療費控除の対象は、あくまで「病気を治すために使った費用」だけです。
予防のためのサプリや健康食品、より健康になることを目的として購入したものやサービスは対象外ですので注意しましょう。