ふるさと納税は節税になりうるか?

最近テレビで紹介されたことでひそかに注目を集め始めた、ふるさと納税。
このふるさと納税とはいったい何なのでしょうか。

基本的にふるさと納税は、寄付行為です。そして、ふるさとと名前は付いていますが、自分の本当のふるさとでなければ納められないというわけではなく、ふるさと納税制度を採用している自治体であれば、日本全国どの自治体にも納めることができます。

その寄付額に応じて、住民税や所得税の納税額が減税されるというふれこみになっていますが、減らせる税額に限度がある上、個別の確定申告が必要になるなど、利用上のデメリットもあります。

ただ、寄付を行う自治体ごとに特典があり、農産物などの食品のほか、プロ野球のチケットなど、地域ならではの特典が用意されていますので、特典目当ての方にはメリットが大きいのかもしれません。

基本的にはたとえば、1万円を寄付した場合、2千円を差し引いた8千円が控除されます。

10万円の寄付なら9万8千円が控除分、2千円が寄付となります。
つまりいくら寄付してもその寄付額は変わらないのです。

控除された金額は、確定申告により還付されます。(ここがメンドクサイ)

では減税される額はどれくらいなのでしょうか。
住民税額や所得税額は、その人の給与所得によって決定されるのは周知のとおりです。
つまり、あなたの給与所得で換算される税額以上の控除は受けられません。
詳しくはこちらのページを見ていただきたいのですが、
http://www.furusato-tax.jp/example.html

たとえば、独身の給与所得者の場合、給与所得が150万円未満の方は控除額の目安は5千円となります。
つまり、7千円を寄付すれば5千円が控除分、2千円が寄付分となり、それ以上寄付をしても税金が控除されることはありません。所得が500万円の方なら、税の軽減額は3.8万円、4万円の寄付で事足ります。

寄付の方法は自治体によって異なり、場所によってはクレジットカードが使える所もあるので、寄付自体のハードルは高くないのかもしれませんね。
寄付をすることで受けられる特典自体も、2千円の寄付額以上の価値のある特典がもらえるケースも多いので、考えようによってはふるさと納税は「得」なのかもしれません。