節税について

節税という言葉を聞いた事があるだろうか? 国に納める税金を「法に触れないやり方で」出来るだけ節約する行為の事を指している。反対に税金を納める事を逃れる「脱税」があるがこれは、「法を犯した方法」である。
今回は法を遵守し、いかに節約して税金を納めるか? についての方法を教えたいと思う。いくつかの制度にわかれるが、しっかりと熟知していきたい。

1.納税額はどうやって決まる?


基本的なことだが、国に納める金額というのは個人なら給与所得や、副業の所得等で決まる。親の遺産を相続した時にもかかるだろう。しかし、今回は個人所得の節税と法人企業の節税にスポットを当てる。

難しく話してしまうと理解に苦しむのは無理もないのでみなさんがわかり易い言葉に置き換えて説明していこう。納税額は売上げから経費を抜いた額に応じて決定される。例えば100円売り上げたが経費が40円かかったらその中の60円に対して納税する金額が決まるという事である。

例えばコレが50円の経費がかかった場合はどうなるであろうか?50円に対して税金額が定められるので、40円の経費の時よりも、50円の経費を使った場合の方が納税額が少なく済むという事である。昔なら法人企業が税金を安くするために「接待費」で経費を増やしていた時代もあったが、最近は不況の最中で減ってきている。

面白い職業ならではの経費増額による節税対策についても説明しよう。時に、海外に旅行へ行ったり、ホテルに泊まったりしたお金を経費として使える職業が存在する。それは漫画家である。彼らは1日の大半を室内で過ごしている。1週間の内に自宅から出る事は少ないと言われている。しかし彼らは「漫画」という特殊な商売をしている為、時に漫画に描く題材を求めて取材をしに行く事があったり、一人でアイデアを練る為に高級ホテルで一泊~1ヶ月したりする先生もいると言われている。

このような例を見ても節税をする為には「経費で使う額を増やす」という事があげられる。この考え方は、100円の内30円の納税をし、経費を30円払って40円の儲けが出ようと、100円の内40円納税し、経費を20円払って40円の儲けが出るなら納税額を減らして、少しでも会社の利益になるように勤める事である。

今回は、税金の中でも「経費対策においての税金の節約方法」について解説をした。これからサラリーマンで生きていく方も、個人授業主となって働く意志がある方も、経理担当や家でフリーランスをするお母さん方のためになればよいと思う。

税理士への相談がポイント

節税を考えたとき、どうしても避けては通れないのが税理士への相談です。



素人が節税対策としてあれこれ考えても、税法上キケンな手しか思い浮かばないかもしくは節税のつもりが、余計なお金を使ってしまい、資産が目減りするなどというオチがつくことがままあります。税理士に相談するとはいっても、ただ単に税理士に依頼するだけではダメです。というのは本来税理士の職務として、決算書や手続き上の税務に関してだけにとどまるケースが多く、会社の状態や成長に合わせて、その資産管理について一歩踏み込んだ税務相談を行えるかと言ったらそうではないからです。

つまりは社長や会社の経営相談や節税相談のできる良きパートナーを探さなくては効率が悪いということです。事業環境はインターネットの普及によりますます複雑化し、変化しています。そんな中で税理士に求めるものはキャッシュフローの動きを逐一追って、節税についてあれこれと対策を練ってもらう必要が出てきています。会社の哲学や経営方針、業種の特性、資産運用についてある程度把握している税理士がパートナーに入れば、それだけ心強いということです。財産管理の顧問のような形をとって、会社の財産を把握しつつ、戦略的な会計・節税対策を積極的に行ってもらうこと。 決算書を生かした経営会議のための資料を作ってもらうことも会社経営における節税対策に直結する動きです。

個人における節税対策は会社経営とは趣を異にします。というのも個人が節税対策を必要とするシチュエーションは、主として相続においてだからです。たとえば相続額が1億円を超える場合、税務署によって相続税額が必ず調べられます。税務署は相続税の申告書が提出された後、その税額が適正かどうかを調べます。その結果、更生・決定の二通りの行政処分行います。更生は申告間違いがあった場合に、不足分の税金を支払うよう明示した通知です。税務署が相続税を支払わなかった場合に通知してくる行政処分の一つに決定があります。つまり脱税はのがれられませんから下手に申告できません。仮に脱税となった場合で実刑となったら大変です。5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金が課せられます。つまり実刑ですね。ではこの場合の節税はどのように行うか、です。相続税は個人が課税されるもの、というところがポイントです。生前に資産を会社形式にして保有することで、個人の資産と法人資産とをわけておくと、相続税を安く見積もることが可能になります。

決算直前でお金の出て行く節税にもかかわらず現金がない場合のキャッシュフロー対策


決算直前の節税対策は、”お金の出て行く”  節税になってしまうことがほとんどですが、キャッシュフローの悪化は避けなければなりません。このような場合の現金の調達には時間のかかる銀行融資では間に合いません。

また、審査に時間がかかってしまっては決算に使えませんが、このような場合に即日融資可能なカードローンやキャッシングは大変便利で助かります。審査がすぐ通り、申し込んだその日に節税用資金を調達可能です。

また、こうしたカードローンやキャッシングの借入件数が増えてしまったときには おまとめローンでまとめてしまうと管理がしやすくておすすめです。

インフォメーション

2014/02/06

コラム節税のための按分計算を追加しました。

2014/01/09

コラムふるさと納税と節税を追加しました。

2013/11/06

コラム不動産を保有しているサラリーマンの節税を追加しました。

2013/10/03

コラム自営業者 年金で節税を追加しました。

2013/09/20

コラム個人事業主の節税を追加しました。

2013/08/29

コラム自営業者の節税を追加しました。

2013/08/3

コラム節税と確定申告を追加しました。

2013/07/23

コラム不動産における節税を追加しました。

2013/07/15

コラム相続税の節税 を追加しました。
  

2013/07/09

よくある質問ページを追加しました。

2013/06/08

サイトが公開となりました!